laboratory-2815641_1920.jpg

さらなる一歩先を目指して、日々、技術革新との闘い。

一般的な消毒液、光触媒との違い。

一般的な消毒液に用いられるアルコールや次亜塩素酸ナトリウムは*、即効性は高いものの、持続性に欠けるため、Hikariumでは、アルコールを一切含まず、かつ太陽光(紫外線)だけではなく、室内灯などの光にも反応する可視光応答型の酸化チタンを用いて、本来の光触媒効果(酸化・分解)を活用しております。

​主成分は酸化チタンと水。

じっくり​時間をかけて、 最良のモノを創る。

酸化チタン(TiO2)

酸化チタンは白色の粉末で、古くから白色顔料として使用されています。また、塗料、歯科材料、歯磨粉、化粧品をはじめ、食品添加物(着色料)として、ホワイトチョコレート、お菓子、ガムなど、幅広く使用されています。

可視光応答型の酸化チタン

従来の酸化チタンは、紫外線しか光触媒作用が生じなかったものの、室内における利用需要の増加を受け、可視光領域(410~490nm)に対応した酸化チタンが開発されました。

見えない敵と闘う。

​世の中に存在する菌やウイルスは、肉眼では見えません。

だからこそ、世界中の多くの企業や大学・研究機関などで、弛まぬ努力が続けられています。

私たちも、その一端を担えるように、「Hikarium」の進化と深化を目指していきます。

嬉しいセルフクリーニング。

光触媒コーティングは、吹き付けした表面に薄い膜を覆い、汚れは光触媒コーティング層に付着します。外壁などの雨があたる場所では、表面に水がかかることで、付着した汚れだけが洗い流され(セルフクリーニング効果)、光触媒コーティング層は、そのまま維持されます。

耐久性も抜群。

タオル生地に光触媒コーティングを施し、洗濯・乾燥後の剥離状態の耐久性試験を行った結果、洗濯・乾燥を5回繰り返した後も、光触媒コーティング膜の剥離はなく、高い耐久性が実現されています。

air iprotector.png
air ishelter.png

* アルコールや次亜塩素酸ナトリウムは、手指やモノの消毒・除菌に用いられています。詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

Copyright © 2020 PalMesse Co., Ltd. All rights reserved.

光触媒工業会正会員